マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続税対策の生前贈与の注意点 夫から妻の口座へ大金を一気に移すのはNG

2022年8月16日 16:00 女性セブン

相続税対策の生前贈与には落とし穴も(写真:イメージマート)
相続税対策の生前贈与には落とし穴も(写真:イメージマート)

 どんな人でも、亡くなったときには必ず「相続」が発生する。わかっているのに、まだ早いから、面倒だから、難しいから……といって先送りにしたがために、後悔する人は少なくない。

 相続税対策には、生前のうちにしかできないこともある。ベリーベスト法律事務所の弁護士・的場理依さんが言う。

「例えば、収益不動産を購入しておいたり、保険に加入したり、資産管理会社を設立するなどして、相続対策をしている人は多い」

 中でも、年間110万円までが非課税になる暦年贈与は、相続人以外にも有効なため、多くの人が活用している。プレ定年専門ファイナンシャルプランナーの三原由紀さんが言う。

「2023年3月までは、子供や孫への教育資金の一括贈与が1人あたり1500万円までが非課税です。また、結婚・子育て資金も1人につき1000万円(結婚資金は300万円)までなら非課税になります」

 年間110万円の非課税枠は、今年の税制改正によって、近いうちになくなる可能性があるといわれている。そのため、該当する人がいる場合は、ぜひ有効活用すべきだ。相続実務士で夢相続代表の曽根恵子さんが言う。

「ただし、一度贈与したものは、老後になって“やっぱり返して”と言うことは当然ながらできません。期間限定とはいえ、贈与するかどうかの判断は慎重に」

 また、子供名義の口座を勝手につくって振り込んだり、夫の収入を妻の口座で管理したりするのは「税逃れ」と見なされ、後から相続税が課せられる場合もある。

「夫から妻へは、大金を一気にまとめて口座に移すと、贈与扱いになります。生活費として認められるのは1か月あたり50万~60万円ほどなので、その範囲に収まるよう、小分けにしておきましょう」(曽根さん)

 何より、暦年贈与するなら毎年必ず契約を結ぶことが大切だ。

「“毎年100万円ずつ、10年間贈与します”とまとめたものではなく、1年ごとに“今年、100万円贈与します”といった内容の契約書を交わしてください。それが面倒なら、信託銀行などで暦年贈与サポート信託を締結する方法もある。例えば三井住友信託銀行なら、毎年決まった額を指定の口座から口座へ、手数料無料で贈与することができます」(三原さん)

 生前贈与の落とし穴にはまらないよう、賢く節税したい。

※女性セブン2022年8月18・25日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。