マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2016年新春号 注目記事

2016年の買っていい株、いけない株をファンドマネージャー指南

2016年1月12日 7:00

国内小型株中心の運用で「R&Iファンド大賞」を4年連続で受賞した「ひふみ投信」の運用責任者・藤野英人氏によると、2016年の日本株は「上値は重いが、下値も底堅く、いわば下げにくく上げにくい展開が予想される」という。そうした中で、「買っていい株」と「買ってはいけない株」にはどのようなものがあるのか。藤野氏が解説する。

「ひふみ投信」の運用責任者・藤野英人氏

「ひふみ投信」の運用責任者・藤野英人氏

* * *
上にも下にも大きく動きにくい相場が予想される2016年は、まさに投資家の手腕が問われる1年となるだろう。そんな状況下では、あらかじめわかっているようなリスクは極力排除しておいた方が賢明といえる。

筆頭が12月に実施された「米利上げ」の影響だろう。これまで続いてきた世界的な低金利下で、債券主体で運用する国内外の債券ファンドマネージャーは利回りが期待できない債券から、高配当が望めて価格変動リスクの小さい株式へと運用先をシフトさせた。その結果、従来は目立った値動きのなかった食品株や薬品株などディフェンシブ銘柄の一角が大きな上昇を見せてきた。

しかし、利上げに伴って債券の利回りが上昇することで、彼らが手を引くのは必至である。この先、上がりすぎたディフェンシブ銘柄には警戒感を持って臨むべきだろう。

また、利上げに伴うドル買いで円安が進行すれば、輸出関連の大企業にとっては追い風となるが、それは原材料や食料などの輸入品が高くなることにつながるため、消費者にとってはいいことずくめではない。

そもそも安倍政権は大企業が潤えば、その利益が国民に広く行き渡り、景気回復につながるだろうと考えてきたが、現状ではそうなっていない。その辺りは政治家も敏感に察知しているようで、「円安誘導でインフレにすればすべてうまくいく」といった言い回しに懐疑的な見方が増えつつある。何よりアベノミクス「新3本の矢」(※注)でデフレ脱却というニュアンスがトーンダウンしているのが、その証左といえるだろう。

【※新3本の矢/安倍晋三首相が「一億総活躍社会」を実現すべく打ち出した、「希望を生み出す強い経済」「夢をつむぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」の政策目標】

7月に実施される参院選まで睨むと、消費者の不満解消のためには、「むしろ円安よりも若干の円高にして、デフレ気味にしておいた方がいい」といった思惑が働いてもおかしくない。そうであるならば、インフレ目標を掲げる政策に追い込まれ、一部で人手不足が深刻化していた「デフレ関連銘柄」が復活する可能性も浮上してくる。

低価格を武器にしてきたサイゼリヤ、しまむら、ニトリホールディングス、100円ショップのセリア、さらには「すき家」を展開するゼンショーホールディングスなどが再び注目されるシナリオも十分に考えられる。

さらに思いを巡らせると、ただでさえ中国経済の失速が横たわり、そこに円安抑制機運の高まりが加わる輸出ハイテク関連の大型株は要警戒といえる。円高圧力による収益悪化で株価下落も懸念されるだろう。それでも大型株に投資したいという人は、郵政グループ3社のような内需系の金融株などにしておいた方が無難かもしれない。

※マネーポスト2016年新春号

eth-induction-th

顧客満足度を追求!餃子が大量にもらえるFX会社
餃子最大400個プレゼントをはじめ、次々と魅力的なキャンペーンを展開するヒロセ通商。業界最高水準の取引環境を備え、オリコン日本顧客満足度3年連続1位を獲得した同社を取材した。<続きを読む>

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。