マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

米大統領選の翌年は過去5回平均で10.9%の円安傾向

2016年12月30日 7:00

 2017年の干支は酉年。干支と景気の相関はどうなっているのか。また2016年には米大統領選が実施されたが、その翌年の株価・為替はどう動く傾向があるのか。「ジンクスの達人」として知られるエコノミストの宅森昭吉氏が解説する。

米大統領選の翌年は過去5回連続で円安に (トランプ氏Facebookより)
米大統領選の翌年は過去5回連続で円安に
(トランプ氏Facebookより)

 * * *
 十二支に注目すると、2017年の干支である酉年の戦後の株価は、平均15%もの株高を示している。

 この期間の酉年は5回あり、そのうち4回で株価は上昇している。これは前年大納会の終値を基準にしているので現段階で予想はできないが、現在の水準から単純に計算すれば日経平均は2万円前後に達することになる。

 為替では変動相場制に移行した1974年以来、酉年は4回訪れているが、そのうち3回は円安になっている(米ドル/円は平均で2.6%円安に)。また、アメリカ大統領選の翌年は過去5回連続で円安となっており、平均して10.9%ほど円が下落しているというデータもある。

 現状の日本の景気は、方向性がはっきりしない不透明な状況が続いていたが、少しずつ改善の兆しが見え始めている。

 景気動向指数の基調判断も1年半にわたる「足踏み」が続いているが、一致指数が3か月連続で上昇すれば「改善」となる。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
低コストで取引できるFX会社を徹底比較!

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。