マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

株価3倍期待 戸松信博氏厳選の「高成長お宝株」BEST3

2016年12月16日 7:00

 これまで数々の爆騰株を見出してきた、海外投資のカリスマとして知られるグローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏によると、金融緩和と財政出動の拡大に伴い、金融バブル発生の好環境が整いつつあるという。

 そうした中で、爆騰期待の個別株はどこにあるのか? 戸松氏が注目する「高成長お宝株」ベスト3を紹介する。

株価上昇期待の「高成長お宝株」は?
株価上昇期待の「高成長お宝株」は?

 * * *
 より大きなリターンを望むにはどうすればよいか。やはり大幅な業績の伸びが見込め、ROE(株主資本利益率)などのファンダメンタルズに優れる企業のなかに「お宝株」は潜んでいる。

 そこで、「今期予想純利益成長率」と「今期予想ROE」に加え、株価チャートが堅調に推移しているかどうか、アナリストの注目度の高さなども加味して精査。注目度順に紹介しよう。

 まずは、次世代ディスプレーとして注目高まる有機ELなどの製造・検査装置が主力のブイ・テクノロジー(東証1部・7717)である。

 足元ではスマートフォン用の中小型ディスプレー、高画質テレビ向けの有機EL関連や大型液晶パネルなどの大規模な設備投資が急速に伸びており、今期(2017年3月期)予想純利益成長率は92%にも上る。今期予想ROEも20%超とファンダメンタルズは好調そのものだ。

 今後も特に日本国内では2020年の東京五輪に向けて超高精細な8K放送が始まる見通しとなっている。同社では旺盛な需要が続くと見て、強気な中期経営計画を立てているのも魅力といえる。

 同計画では2019年3月期の売上高が900億円(2016年3月期は391億円)、営業利益が140億円(同25億円)としており、計画通りに進捗すれば3年で株価3倍は優に狙えるだろう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。