マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

中国の日本国債保有額が増加 対中関係悪化時のリスクに

2016年12月22日 16:00

中国の日本国債保有額が増加傾向に
中国の日本国債保有額が増加傾向に

 10月末時点における日本の米国債保有額は1兆1319億ドルとなり、中国の1兆1157億ドルを超え、世界最大となった(データは米財務省)。

 日本は9月末と比べ45億ドル減少したものの、中国は413億ドル減少したことで、順位が逆転した。ちなみに第3位はアイルランドだが、2710億ドルに過ぎない。海外の保有額が6兆389億ドルなので、日本のシェアは18.7%、中国のシェアは18.5%である。両国で海外保有分の3分1以上を占めている。

 日本の大手マスコミは、中国が米国債保有額を相対的に多く減らした理由について、為替介入によるドル売り・元買い介入の原資としたからだと説明しているが、いくつか気になる点がある。

 まず一つ目は、アメリカの金利先高観が強まっており、債券価格の見通しは必ずしも良くない。特に、11月にトランプ氏が次期大統領に決定して以来、その選挙公約から債券価格見通しはさらに悪化している。こうした流れの中で、アメリカ国債を売っておくことは合理的な判断ともいえる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。