マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

原油高 ドイツ経済凋落でオイルマネーは日本に向かう

2016年12月25日 7:00

原油高に伴いオイルマネーが日本へ(写真:アフロ)

原油高に伴いオイルマネーが日本へ(写真:アフロ)

 日米の株式市場が「トランプ相場」に沸いている。米国の株価は史上最高値を連続して更新し、年央に停滞した日経平均株価も年初来最高値を超え続けた。大型減税等を謳うトランプ政権の誕生と、同時進行する世界政治の変化にも、日本の株価に追い風となる動きが多い。

 英国のEU離脱決定に続いて、イタリアでも国民投票で大敗したレンツィ首相が辞任表明し、ユーロ離脱派が勢いを増している。欧州危機は世界経済のリスクといわれるが、日本経済にはプラスという指摘がある。金融系シンクタンクの研究員が語る。

「ドイツは2000年代初めまで高い失業率を抱えて“欧州の病人”といわれたが、EU統合で自動車をはじめ輸出を伸ばし、経済統合の旨味を独占してきた。しかし、フォルクスワーゲンは燃費不正が発覚、欧州最強といわれたドイツ銀行も経営危機に陥った。EU離脱ドミノは日本のライバルであるドイツ経済をさらに弱体化させる。日本の自動車産業などにはチャンスです」

 2016年9月末、OPEC(石油輸出国機構)は臨時総会を開き、加盟国が減産に合意。さらに12月10日には非加盟国も減産を表明したことで、原油価格が上がった。これも日本経済にはメリットとなっている。投資情報会社フィスコのアナリスト・田代昌之氏が語る。

FX金利収入で月収に3~5万円の上乗せを 会社員向けトルコリラ投資法
近年、高金利通貨のブームが再燃している。なかでもトルコリラは政策金利8%のため、金利収入も高い。ここではサラリーマンでも実践できるトルコリラ投資法を紹介しよう。 <続きを読む>
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
「マネーポストWEB」内から、FXに関する記事を厳選。FX成功者の運用の極意を紹介する。 <続きを読む>
  • 取引全自動のFXシストレ 何もせず1か月で「5万円が13万円」になった経緯
  • FXなのにリスク抑えめ 半年で利益50万以上/最大損約6万円の「シストレ」 
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。