マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中国本土株が大幅下落で「中国リスク再び」の懸念は?

2017年1月17日 16:00

中国本土株「創業板指数」の推移(日足)

中国本土株「創業板指数」の推移(日足)

 中国本土株が軟調である。特に創業板(新興企業市場)指数の下落が目立つ。1月16日の終値は3.6%安の1830.85ポイントを付けており、2016年1月急落時の安値を下回っている。足元の動きをみると、12月初旬に相場判断の分かれ目となる200日移動平均線を大きく下放れしている。中旬以降、横ばい圏で推移していたが、1月中旬から再び崩れている。チャートを見る限り、典型的な弱気相場となっている。

 2016年12月の製造業PMIは51.4で11月と比べれば0.3ポイントほど低いものの、2016年では2番目に高い値となっている。12月の物価をみるとCPIは2.1%上昇だが、PPIは5.5%上昇である。石油、石炭、鉄鋼などの市況が改善しているが、川上製品の需給改善は景気回復を示唆している。

 ミクロ面では、2016年12月期業績は、銀行は横ばいだが、素材関連を中心に増益が見込まれる。ファンダメンタルズに大きな問題があるわけではない。

 今回の下落は、IPO(新規上場)の増加や、春節(中国の旧正月)を前にした流動性不足など、需給要因が大きい。創業板固有の問題として、もう一つ上げるとすれば、政策面での好材料が少ないといった点もある。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。