マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

トマ・ピケティ『21世紀の資本』のポイントを今更ながら解説

2015年4月8日 7:44

日本でもベストセラーとなっているトマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』。とはいえ、700ページを超す大著だけに、同書を完読するのはなかなか困難だといえる。そうはいっても、何が書いてあるかぐらいは知っておきたい人も多いだろう。今更ながら、同書のポイントを解説する。

●資本主義の幻想を指摘

従来の近代経済学では「資本主義が発展すれば富は多くの人に行き渡り、格差は自然に解消に向かう」という考え方が常識だった。これに対し、ピケティ氏は「歴史的事実として、資本収益率(r)は経済成長率(g)より高い」と主張。紀元0年から2100年までのrとgの推移を予測し、rは一貫して4~5%台だったのに対し、gは20世紀後半に3.5~4%に達したものの、歴史的に見るとそれは例外で、ほとんどの期間は2%未満だったという分析を示した。

r>gの関係が成り立つことで格差は広がっていく。さらに「資本市場が完全になればなるほど、rがgを上回る可能性も高まる」などと資本主義の矛盾を指摘している。

特に米国では、政財界に対する抗議行動として「ウォール街を占拠せよ」運動が広まったように、同書でも米国のデータを詳細に分析して、格差拡大が深刻化していることを改めて裏付けている。

●極端な格差拡大に警鐘

資本格差が極端に開いていることにも言及。資本所得分布の上位10%が常にすべての富の50%以上を所有しているのに対し、下位50%が所有する富は「まったくのゼロか微々たるものだ」として、一握りの富める者だけが富を独占する極端な構造を問題視している。オバマ政権や安倍政権などは、富める者が富めば、そこから下流へと富がこぼれ落ちる「トリクルダウン理論」を持ち出しているが、ピケティ氏の主張に沿えば、このままいくと中流階級がどんどん下流に落ちていく二極化が鮮明になるだけだという。

●資本所得に対する世界的な累進課税を提唱

格差解消に向けて、労働所得ではなく資本所得に関する累進課税を強化すべきだと提言。それも一国だけでは資本はより税率の低いタックス・ヘイブン(租税回避地)に逃げてしまうので、世界中が連携した取り組みが理想としている。それによって一握りの富裕層が独占してきた富を分配し、労働者層の底上げにつながるとしている。

※マネーポスト2015年春号

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。