マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トランプ不安・不信から金投資に注目が集まる

2017年2月19日 7:00

今後、金価格はどこまで上がるのか?

今後、金価格はどこまで上がるのか?

 今年に入って、金価格が上昇を続けている。今の国内小売り価格は1g4899円(2月13日現在)。2000年の平均価格1014円の実に4.8倍だ。

 とはいえ、これまで一本調子で上がり続けてきたわけではない。2016年の金相場は、イギリスのEU離脱やアメリカ大統領選でのトランプ氏勝利の後に急伸したかと思うと、アメリカの景気拡大に伴う利上げを受けて急落するなど、乱高下した。

 経済アナリストの豊島逸夫さんが言う。

「金は経済の先行きが不安になると価格が上がります。金は株式のように企業の業績や景気に左右されません。今年に入って金価格が上昇しているのは、トランプ大統領の経済対策に対する不安感、不信感からだと考えられます」

 さらに長期的に見ても、金は上がり続けると豊島さんは断言する。

「株も紙幣も、その気になればいくらでも刷ることができるので、その価値が薄まってしまう可能性がある。しかし金は人間が作ることはできません。有史以来、採掘された金は50mプール3.5杯分。埋蔵量は50mプール1.5杯分ぐらいしかなく、しかもほとんどが海底なので、今後、間違いなく生産量は減っていく。金の価値はその希少性にあり、それが消えることはありえません。トランプ大統領が何か過激なことを言ったからといってそれに左右されるようなものではないんです」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。