マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

トランプ不安・不信から金投資に注目が集まる

2017年2月19日 7:00

 とはいえ、どうやって金を買えばいいのかわからないという人も多いだろう。

 金といえば金の延べ棒(純金バー)をイメージするが、純金バーはある程度まとまった量を買わないと手数料が高くついてしまう。初心者におすすめなのは、田中貴金属や三菱マテリアルといった地金や金貨を扱う会社が行っている「純金積立」だと豊島さんは言う。例えば田中貴金属の「net純金積立」なら月々1000円から始めることができる。

 では今後、金はどこまで上がるのか。

「トランプ政権はこれから4年間続きます。つまり、これから4年間、株や為替などはトランプ大統領の発言によって大きく上下することになります。株取引を行うニューヨークのアナリストたちは“もう金でも買いたい気持ちだよ”とよく言っています。不安定な時代が続き、金がますます注目されて値上がりするでしょう。少なくとも2020年の東京五輪までには1g7000円になると見ています」

 と豊島さん。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。