マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

経済指標発表前には気をつけたい”Through the figure”

2015年10月6日 19:00

 FOMCのような重要イベントの前や米雇用統計のような重要指標発表の前は、おおむね為替レートはニュートラル(中立的)なレート水準になると、経験的に感じています。

 たぶん重要なイベントや指標を前に、売る方も買い方もイベントリスクを考えて、ポジションを減らそうとし、売り方は買戻し、買い方は売り戻す結果、均衡の取れた水準に落ち着くのだと、個人的には考えています。この均衡水準に収斂する動きを見るたびに、実に自然の摂理に適っていると感じずにはいられません。

 そういう目で、イベント前や、指標発表前のレート水準を見てみると、ニュートラルらしきところに、レートが収斂していることお気づきになると思います。どう見ても売りなり買いなりのバイアスがかかった水準で、イベント・指標をむかえる時もないわけではありませんが、非常に稀だと言えます。

 ところで「through the figure」というマーケット用語があります。もともとは、経済指標発表時間の前後を通して注文を出したままでいることですが、さらに、指標前後を通してポジションを持ったままのことも言います。

 ポジションをthrough the figureで持つことは、自己責任である以上、良い悪いの問題ではありませんが、ただ、リスクが非常に高いことを十分に認識しておく必要があります。 個人的にはもちろんポジションをthrough the figureで持つことも、たまにはありますが、結果が出てからポジションを持っても遅くはないというのが、私の正直な気持ちです。

 日々の為替情報につきましては、ブログ「Banya Market Forecast」やメルマガをご覧ください。

水上紀行 プロフィール

  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。