マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

トランプ氏の真の標的は中国 身代わりで日本叩きも

2017年3月11日 12:30

 為替相場はアメリカのトランプ大統領の発言に翻弄される展開が続いている。その真意はどこのあるのか、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。

為替政策にも影響か (トランプ氏Facebookより)

為替政策にも影響か
(トランプ氏Facebookより)

 * * *
 外国為替市場に「トランプ円高」の波が押し寄せている。2017年1月のトランプ新政権の誕生前後から為替相場の潮流は大きく変わり、特に円相場はトランプ発言に翻弄される展開となっている。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は2017年中に少なくとも2~3回利上げすると思われ、目先の動きとしては米ドル買いの材料になる。米国の金融政策だけをみれば、米金利の上昇で本来はドル高に向かうはずだ。

 しかし、トランプ大統領は就任後、日本を名指しで「通貨安誘導」と批判するなど円高圧力を強めており、昨年11月の大統領選後のトランプ相場で進んでいた円安・ドル高基調が円高・ドル安に振れ始めている。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントで投資? サービスの詳細を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。