マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

株主優待トレーダー 約50銘柄保有し200万円の含み益を出す

2013年6月23日 8:35

 5月以降、株式市場の乱高下が続いているが、昨年11月と比べれば、株価の水準は大きく上昇している。そうしたなかで、大きな利益を出している個人投資家も少なくない。株主優待トレーダー・Mさん(30代・女性)が、自身の投資体験を告白する。

 * * *
 2009年頃、雑誌で株主優待の特集を見たんです。そこには、ほとんどもらった優待品だけで暮らしている人が載っていて。その人はフライパンから調味料まで全部株主優待でもらって料理をしていたんですね。それで私もマネしてみようと思ったのがきっかけです。初めて買った優待株は、居酒屋チェーンのコロワイドでした。

 今は約50銘柄、総額900万円分ほどの優待株を保有しています。最近の株価上昇で含み益が200万円ほどになって、トータルでは1100万円くらいになりました♪

 今持っている優待株は、食事関係でいえば吉野家やマクドナルドなどはもちろんのこと、カラオケ「ビッグエコー」を運営している第一興商など。ここは、「ウメ子の家」や「びすとろ家」などの飲食店でも使える株主優待券がもらえるんです。

 ソフトクリエイトや明光ネットワークジャパンなどはQUOカードがもらえるので便利ですね。それと、マツモトキヨシは商品券がもらえるんですが、マツキヨって何でも売っているのですごく助かっています。

 あと、東建コーポレーションは通販サイト「ハートマークショップ」の優待券をもらえるんです。ここではキッチン用品や家具、雑貨、お米などさまざまな商品があるので、すごく重宝しています。

※マネーポスト2013年夏号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。