マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国の外貨準備高が8か月ぶり増加、人民元レートは安定へ

2017年3月14日 18:00

中国の外貨準備高が8か月ぶりの増加(中国人民銀行)

中国の外貨準備高が8か月ぶりの増加(中国人民銀行)

 中国における2月末の外貨準備高が増加に転じている。資金流出は止まったようだ。中国人民銀行は8日、2月末の外貨準備高は3兆51億2400万ドルで、1月末と比べ69億ドル増加したと発表した。これは8か月ぶりの増加である。

 2月はドル高が進行した。中国は非ドル資産による外貨準備を増やしているが、招商証券のチーフエコノミストはこの目減り分について156億ドルに上ると試算している。これを考慮すると、中国人民銀行が積み増した準備高は225億ドルと計算される。

 2015年8月11日、中国人民銀行は、人民元対ドル基準値を1.82%切り下げ、「前日の終値を参考として、外貨の需給状況、国際主要為替市場の変化を総合的に考慮して基準値を算出する」と発表、為替レート改革を実行、為替の自由化が進んだ。

 一方、市場では、2015年以降、輸出、輸入の伸び率がマイナス基調となる中、当局は人民元切り下げによる貿易回復を模索するのではないかといった見方が広がった。

 また、2015年3月から6月にかけて株価が急騰、その後急落したことで、当局は株価バブル対策を強化した。同時に、不動産についても価格動静に強い関心を示し、不動産投機も難しくなった。さらに、理財商品ではシャドーバンク問題が再燃した。中国本土の投資環境は悪化、富裕層によるハイリターンを求める貪欲な投機資金は、海外へと流出するようになった。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。