マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

【水上紀行の為替相場の本質】知らないと損する中間決算時期の相場

2015年6月4日 8:00

 相場転換の「きっかけ」は四季折々にあります。たとえば年末の12月は世界的にお祭りムードとなり、為替担当者も浮かれるのか、相場は凪の状態になりがちです。このように季節のイベントが相場に大きな影響を与えます。

欧米勢の中間決算の影響

 中でも、6月末の欧米の中間決算は影響大です。6月の中間決算だけではなく、12月の本決算でも、それまで保有してきたポジションを実際に、反対取引をすることで、損益を確定します。

 たとえば、ユーロ/ドルの売りポジションをキャリー(持越し)してきたとしたら、実際にこの売り持ちポジションを、買い戻すという反対取引によって、損益を確定します。

 決算処理のために、具体的なユーロ買いが発生することになり、少なからず、為替相場に影響を与えています。このことを知らないで、それまでの相場観で、相場は引き続き上がるあるいは下がると見ていますと、なぜ突然相場が反転したのかがつかめず、場合によっては大きな損失を被ることになりますので、十分警戒する必要があります。

 なぜ6月の中間決算の方が、12月の本決算より、相場への影響度が大きくなりがちになるかと言いますと、それは、6月の中間決算が終わると、7月、8月が夏休みシーズンに入り、本格的に下期のスタートは9月になるため、下期の実働日数は、上期に比べて少ないためだと見ています。

2010年の例に見る中間決算の威力

 それでは、ここで、具体的な中間決算に絡んだ過去の相場展開の例を見てみましょう。2009年の暮からのギリシャ危機に端を発し、2010年1月には、さらに他のEU加盟国も巻き込んで欧州危機まで発展し、ユーロ/ドルは、2009年の12月から2010年6月7日までで、約3200ポイントの下落となりました。

mizukami_201506_1

 2010年6月初旬の段階でも、マーケットは「ユーロは売り」というコンセンサスとなり、ユーロの先安感が強い状況でしたが、そこを欧米勢が、中間決算に絡んだ利益確定のユーロの買戻しに大きく出たことから、相場は大きく反転することになりました。

 この2010年6月7日以降のユーロ/ドルの反発は、6月末までには700ポイント以上、反転上昇しました。上昇は8月初旬まで続き、安値からの上昇幅は、1400ポイントを越しました。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。