マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「保険の見直し」のポイントはムリ、ムダ、ムラを無くすこと

2013年4月14日 8:22

“お金のお医者さん”として知られる「家計の見直し相談センター」の藤川太氏がお金に関する固定観念を解きほぐす『マネーポスト』連載「お金持ちの方程式」。今回は、家計の固定費削減の切り札となる「保険の見直し」を実践する際のポイントについて、具体的に解説する。

 * * *
保険の見直しを実践していくポイントは「ムリ」「ムダ」「ムラ」の3つをなくすことにあります。

まず「ムリ」というのは、たとえばこういうことです。結婚して子どもが2人産まれて、2人分の教育費などを考えて子どもが独立するまでずっと5000万円の死亡保障が得られる平準型の定期保険に加入する。しかし、子どもの成長に伴って必要な教育費はどんどん目減りしていきます。無理をして保険料を払い続けてまで5000万円を用意しておく必要がはたしてあるでしょうか。

そこで平準型の定期保険ではなく、「収入保障保険」に切り替えるという手があります。これは契約者が亡くなった時点から満期まで年金形式で保険金が支払われるタイプで、たとえば40歳で60歳までの死亡時に月15万円が支給されるものに加入すると、50歳で死亡した場合は60歳までに計1800万円、55歳だと計900万円といった具合に徐々に保障額が減っていきます。

つまり、保障タイプを「四角」から「三角」にするのです。それによって保険料も同じような保障の平準型定期と比べると約2分の1以下にまで抑えることができるので、それこそ無理をせず必要最低限の保障が得られるといえるでしょう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。