マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

「ワンピース」効果で業績絶好調 海外展開にも期待の注目株

2013年3月12日 7:59

アベノミクス効果の株高が続いているが、ここからさらに上がる株は何か。投資情報サイト「東京IPO」編集長を務める西堀敬氏がいま注目しているのは、「東映アニメーション」(ジャスダック・4816)だという。

 * * *
安倍政権はアベノミクスの成長戦略の一環として、アニメや音楽など日本ならではの魅力を広げる「クール・ジャパン」を海外展開する企業を支援するため、財政投融資から500億円を出資し、新たにファンドを設けることを決めた。そこで、日本のキャラクタービジネスを海外で積極的に展開する東映アニメーションに、政策面でもフォローの風が期待できると注目している。

同社は2012年9月24日に、2013年3月期の通期予想を引き上げていたが、2013年1月31日に再度の上方修正を発表。営業利益を前回予想の32億円から43億円、経常利益を35億円から46億円に大幅に引き上げた。

2012年4月からサービスを開始した「聖闘士星矢 ギャラクシーカードバトル」などのソーシャルゲーム事業が好調に稼働していることに加え、2012年末に公開した映画「ワンピースフィルム Z」が前作「ワンピースフィルム ストロングワールド」を大幅に超え、同社における過去最高の興行成績を記録したことなどが寄与した。

同社のキャラクタービジネスは、アジアでも伸びてきており、来期も業績に陰りはなさそうだ。

※マネーポスト2013年春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。