マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

切符をなくしても諦めないで!2度払いしたお金が返ってくる場合も

2017年5月28日 11:30 マネーポストWEB

切符は、鉄道会社と乗客の契約書のようなもの。失くすのはダメ、ゼッタイ!
切符は、鉄道会社と乗客の契約書のようなもの。失くすのはダメ、ゼッタイ!

 失くすと面倒だとわかっているはずなのに、しばしば「どこにしまったっけ?」とアタフタしてしまうのが電車の切符。運が良ければ「次から気をつけて下さいね」とお目こぼしをされることもあるが、基本的には「失くしたら買い直し」が鉄道会社のルールだ。しかし場合によってはそれを取り戻せる方法がある(以下、すべてJRの場合)。

 電車に乗って切符をなくしてしまった際、まずは駅員や乗務員などにその旨を申告しなくてはいけない。すると基本的には買い直しになるが、その際、「再収受証明」というものがもらえる。これがあれば、失くした切符が後々見つかった場合、“2度払い”したものが返ってくる。見つかった切符と「再収受証明」を持って駅に行けば、手数料220円(指定券は330円)がかかるが、再収受証明書に記入された旅客運賃・料金が払い戻される。ただし期間は1年間だ。

 これは、乗る前に切符を失くした場合でも有効。上と同じように駅員や乗務員にその旨を申告すると、買い直しを求められ、切符には「紛失」「紛失再」等と記される。そして下車する際、精算所で「再収受証明」を受け、買い直した切符を持って帰宅。失くした切符が見つかった場合、「見つかった切符」と「再収受証明を受けた切符」を持っていけば、やはり払い戻しが受けられる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。