マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

米利上げはすでに織り込み済み? 6月利上げの可能性と対策

2017年5月29日 18:00

6月利上げを市場は織り込み済みか
6月利上げを市場は織り込み済みか

 金利と相場は密接に関連している。そして当然のことながら、マーケットは常にアメリカの利上げに対して大きい関心を抱いている。しかし、「そもそもなぜアメリカは利上げをしようとしているのか?」その真意をきちんと理解しているトレーダーは多くない。

 そこで今回の記事ではFX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、米国利上げの意図について解説する。また「次はいつ利上げされる可能性が高いのか?」、さらに「6月の利上げの有無によって相場はどのように反応することが想定されるのか?」といった疑問にも答える。

 * * *
 今月5月12日に、アメリカの「4月CPI(消費者物価指数)」と、「4月小売売上高」が発表されました。それぞれどちらもあまり良い数字ではありませんでした。CPIは前月比予想+0.2%に対して前月比+0.2%、前年比予想+2.3%に対しては前年比+2.2%となり、小売売上高は前月比予想+0.6%に対して前月比+0.4%でした。極端に悪い数字ではありませんが、微妙な数字だったと思います。

 では、なぜこのような結果になったのでしょうか?

 1つ要因として考えられることは、一昨年の12月からこれまでに3回行われている「利上げ」です。利上げに伴い、住宅や自動車など高額なものを購入する際に組むローンの金利も上昇しますので、住宅や自動車などを買い控える傾向が生まれます。そしてその傾向が数字として現れ始めている、ということです。

 もしかしたらこの話を聞いて、「えっ、だったら利上げしないほうが良いのでは? 高額品が売れなくなるのにあえて利上げする必要があるのか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、利上げには明確な意図があります。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
低コストで取引できるFX会社を徹底比較!

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。