マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国の格付け28年ぶり引き下げ、中国経済の先行きは本当に暗いのか?

2017年6月14日 18:00

ムーディーズは中国の格付けを「A1」に引き下げた

ムーディーズは中国の格付けを「A1」に引き下げた

 中国経済に対する悲観論が再び台頭しているようだ。ムーディーズ・インベスターズ・サービスは5月24日、中国の格付けを「A1」に引き下げている。これは1989年以来、28年ぶりの引き下げである。実体経済における債務規模の拡大速度が速いこと、それに関連する改革措置の効果がみられないことなどを理由として挙げている。ちなみに、「A1」は日本と同じ格付けである。

 これに対して、6月12日の人民日報は、現状の景気は安定しており、見通しも良いこと、イノベーションが進んでいることなどを指摘、反論している。

 足元の景気は安定しており、基調は変わりない。4月の鉱工業生産、民間固定資産投資をはじめ、いくつかの主要指数では増加率が鈍化しているものの、その要因は前年同期の水準が高いなどテクニカルな要因によるところが大きい。就業者数は拡大、物価は安定、個人収入は増加、国際収支は改善しているなど、国民経済全体は引き続き安定成長が続いており、上向きつつある。4月のサービス業生産指数は8.1%増で鉱工業生産指数よりも1.6ポイント高い。サービス業の経済を牽引する力がさらに一歩高まっており、“三去一降一補(生産能力、不動産在庫、債務の過剰を取り去り、コストを引き下げ、経済の弱い部分を補強する)”は着実に進み、経済のレベルアップは勢いを増している。

 中国経済は足元で安定しているだけではなく、今後の見通しも良い。現在の経済状態は新旧経済のエンジンが後退することによる膠着期にある。新しいエンジンが完全に古いエンジンを代替することはできないが、だからと言って経済が持続的に発展する力がないとは言えない。いくつかの点で急成長するところがあるが、そうしたところを見る限り、中国経済には大きな成長の余地があると感じられる。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。