マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

1か月頑張ったギャラは? 若手ライターが直面する厳しい現実

2017年6月29日 16:00

フリーライターが直面する厳しい現実
フリーライターが直面する厳しい現実

 雑誌やウェブサイトなどに掲載される記事を執筆する「ライター」という仕事。かつては文系学生たちの憧れの職業のひとつともいわれていたが、最近では“儲からない不人気職業”になっている側面もあるいう。20代後半のフリーライターAさんが、自身の切実な状況を告白する。

「出版不況もあって制作費が削られているということに加え、ネットでは1文字1円くらいの安価でキュレーションサイトなどの仕事を請け負う主婦や学生が出てきたせいで、ライターのギャランティーはかなり下がっています。大手出版社からの仕事ならまだしも、下請けの編集プロダクション経由の仕事だとかなり厳しい。ほぼ1か月つきっきりに近い形で雑誌を1冊作って3万円ということも」

 そんなAさんだが、仕事自体はそれなりにあるという。

「ありがたいことにたくさん声をかけてもらうのですが、20代の若いライターがあまりいないのか、どこに行ってもいちばん下っ端で、小間使いのような仕事も多い。当然ギャラも少ないです」

 若いライターが少ないというのは、本当なのだろうか。40代前半のフリーライターBさんは、こう話す。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。