マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

薬局でもらう薬の「一包化」をやめる…他、薬代の節約術

2017年8月2日 15:00 女性セブン

薬代にも「節約術」がある
薬代にも「節約術」がある

 1回に服用する薬が何種類もあると、のみ忘れてしまったり、どれをのめばいいのかわからなくなることがある。そうした失敗を防ぐために、調剤薬局で行われているのが薬の「一包化」だ。

「複数の薬剤を服用するタイミングごとに1回分ずつ小さな袋にセットするのが一包化です。手間のかかる作業なので、通常の費用に加えて『一包化加算』という料金がかかっています」(薬剤師の水八寿裕さん、以下「」内同)

 たとえば、28日分の薬を一包化するために、患者が支払うのは1回につき380円。

「高齢の患者さんなどで、自分がのむ薬を数えられなかったり、のみ方が複雑でのみ忘れてしまったりするような場合は一包化すると安心です。でも、まだ自分で服用する薬を数えられて、のみ忘れもないなら、あえて一包化する必要はありません」

 薬の一包化は医師の指示によって行われている。不要な場合は、診察時に医師に「一包化しなくても大丈夫」と伝えるか、薬剤師に「医師に必要ないと伝えてほしい」と相談してみよう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。