マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

調剤薬局の支払いはクレカが得 レシートはしっかり保管を

2017年8月4日 15:00

医療費もカードで払えばポイントがためられる

医療費もカードで払えばポイントがためられる

 調剤薬局の一部では、クレジットカードでの支払いができるようになっており、ポイントがためられる。医療技術の進歩によって白血病やC型肝炎の特効薬が開発され、入院しないで自宅で薬を服用するだけの治療も増えている。ただしその薬代は決して安くはない。1回の自己負担額が数万円に及ぶケースもある。その支払いでポイントがためられれば、少しでも家計の足しになるだろう。

 2017年から薬局やドラッグストアなどで購入した市販薬が1万2000円を超えると、確定申告で税金を取り戻せる「セルフメディケーション税制」が始まった。対象になるのは、前出の「スイッチOTC薬」で医療用成分を含んだ市販薬だ。

「制度導入を受け、薬局ではレシートに記載された商品の横に『★』などの識別マークをつけ、対象商品かどうか一目で判断できる対応をとっています」(薬剤師の水八寿裕さん、以下「」内同)

 つまり、「★」マークのついたレシートを集めておけば、確定申告でお金を取り戻せる可能性があるというわけだ。たとえば、1年間に購入したスイッチOTC薬の合計が5万円なら、3万8000円をその年の所得金額から控除できる。所得税率10%の人は約3800円、20%の人だと約7600円が戻ってくるので、薬局のレシートは捨てずに保管しておこう。

「FX運用ガイド」の注目記事

FXなのにリスク抑えめの「シストレ」 6か月で50万円以上の利益
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。