マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

銅価格が上昇見通し EV普及、インド成長等で需給逼迫も

2017年8月24日 6:30

再び銅価格が上昇基調に(写真:アフロ)
再び銅価格が上昇基調に(写真:アフロ)

 銅価格が再び上昇し始めた。NY銅先物価格をみると8月18日の終値は1ポンド当たり2.938ドルで、5月8日の安値2.4725ドルと比べると、18.8%上昇している。

 大きな時間の流れでみると、リーマン・ショックで価格が急落した後、V字回復し2011年前半は4.5ドルを超えるところまで上昇した。それから長い下落トレンドが続き、2016年1月には2ドルを切るところまで下落し、そこでようやく下げ止まった。その後、2016年11月に急騰したものの、上値の重い展開が続いていたが、ここにきて再び動意づいてきた。今後、上昇トレンドが出てくるのだろうか?

 供給面を考えると、いくつか注目すべき点がある。原油はオイルシェール革命により、生産力が高まっている。しかし、銅については、こうした大きな技術進歩は見られない。また、過去8年間、巨額に膨れ上がった在庫を取り崩す動きが続いた。供給に関してはずっと需要を下回る状態が続いていて、すぐに生産能力を高めることは難しい。在庫減少が続きそうである。

 グローバル経済、特に新興国経済が安定成長するのに伴い、銅の需要も伸びていくことが見込まれる。銅は電線の材料として使われる量が多く、電力の設備投資が高まると、銅の消費量も高まるといった相関がある。中国の電力供給網は農村地区まで一通り整備されており、電力不足が解消されて久しいが、インドではそうではない。インドの銅需要は中国の1割にも満たず、今後、大きく増えそうである。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。