マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

森永卓郎氏が警鐘 2018年「都心の不動産バブル崩壊」シナリオ

2017年9月25日 11:00

都心の不動産バブル崩壊の足音が近づいている?

都心の不動産バブル崩壊の足音が近づいている?

 内閣府が9月8日に公表した4-6月期国内総生産(GDP)の改定値は、物価変動の影響を除いた実質の年換算で前期比2.5%増となり、4.0%増だった8月の速報値から大きく下振れ。日本経済の行方に不安が広がっている。そうした中で、経済アナリストの森永卓郎氏は、東京オリンピック・パラリンピックの開催決定とアベノミクスの金融政策によって膨らみ続けた都心の「不動産バブル」が、意外に早く終焉を迎える可能性が高まったと警鐘を鳴らす。

 * * *
 国税庁が発表した2017年分の路線価格を見ると、特に東京都心部はまさに不動産バブルのピークの様相を呈している。銀座5丁目中央通りの「鳩居堂」前は、1平方メートル当たりの路線価格が前年比26%増の4032万円となり、過去最高だった前のバブル崩壊直後(1992年)の3650万円を上回った。

 それでなくても、都心ウォーターフロントのタワーマンションの販売価格が、坪単価で500万円もするというのはどう見ても過熱し過ぎだろう。

 膨らみ過ぎたバブルは必ず弾ける。これまで私は、いまの不動産バブルは2020年の東京オリンピック前、オリンピック関連の建設工事が終わる2019年までには弾けるといってきた。しかし、鳩居堂前の路線価格が過去最高を上回ったことや都心不動産の価格高騰ぶりを見ると、すでにバブルは弾ける寸前まで膨れ上がっている。そこからいえるのは、バブル崩壊の時期は早まる可能性が高くなった、ということだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。