マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

絶好調ドラッグストアが目指す2つの「未来予想図」

2017年10月6日 11:00

今やコンビニより便利?

今やコンビニより便利?

 小売業が伸び悩むなか、ドラッグストアの勢いが止まらない。経産省によると、2016年のドラッグストアの商品販売額は前年比約7%増の5.7兆円だという。

 最近のドラッグストアは商品が多様化して日用品はもちろん、弁当や総菜、青果など食料品が充実した“ハイブリッド”な店舗が増えた。医薬品から日用品、生鮮食品まで何でもあり、“スーパーやコンビニよりもドラッグストアの方が何でも揃う”という声を聞くことも増えた。

 高齢化が進み健康寿命の関心が集まるが、ドラッグストアはこの先どう進化するのか。流通情報誌『激流』編集長の栗田晴彦さんは、ドラッグストアには2つの「未来予想図」があると指摘する。

「生鮮食品は廃棄が出るので取り扱いが難しいけど、集客力がアップするのは間違いない。肉や魚、野菜など生鮮食品の取り扱いを拡大し、日用品も含めて、“ハイブリッド化”をさらに推し進める方向です」(栗田さん)

 もう1つは、「原点回帰」を進める方向だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。