マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

【水上紀行の為替相場の本質】投機筋と実需勢

2015年6月23日 19:00

 投機筋という言葉を聞いたことがあると思います。短期的に大きな額で取引をし、利益獲得を目指す「ヘッジファンド」などがそう呼ばれますが、投機筋とは真逆とも言える相場参加者が「実需勢」です。

 実需とは「輸出企業が輸出した製品の代金を外貨で受け取り、これを円に交換するために、外貨売り円買いをする」ことや、「輸入企業が海外から製品を輸入した代金を外貨で送金するため、外貨買い円売りをする」といった、“実際の需要に基づいた為替取引”です。

 これは「売りきり」「買いきり」言い換えれば、「売りっぱなし」「買いっぱなし」の為替取引です。

 2014年の「ドル/円」に実需取引が大きく影響した時期があります。2014年の9月以降、「ドル/円」はこれまでの102円近辺から、年末には120円まで上昇しました。上昇のエネルギーは「ドルを買い遅れた輸入勢」が大きく影響していました。

 一方、投機筋は「売ったら買い戻す」必要があり、「買ったら売らなければならない」という宿命を負っています。投機は、売りきり買いきりの実需には適わないところがあります。
 
 投機筋が「どのような時期、時間帯に動いてくるか」など詳しいことについては、別の機会でご説明しますが、このようなプレイヤーが相場にいることは覚えているといいでしょう。

 投機筋の動きのポピュラーな例をご紹介しますと、並んでいる輸出の売りオーダーを、彼らが買い上げて上抜き、さあさらに上伸かと見えたところ、結果的に上がらず、チャートの右端のように一転投げ売り(持っていた買いポジションをすべて決済すること)に回ることがあります。急騰・急落が起きている背景に彼らが動いていることも良くあります。急騰・急落に関しては以前書いた【水上紀行の為替相場の本質】 急騰・急落のメカニズムをご覧ください。

mizukami2015-0623

 日々の為替情報につきましては、ブログ「Banya Market Forecast」やメルマガをご覧ください。

水上紀行 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。