マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FXレバレッジ10倍規制は既定路線か 業界・投資家への影響は?

2017年10月7日 20:00

FXレバレッジ規制の影響は?

FXレバレッジ規制の影響は?

 FX(外国為替証拠金取引)を手がける個人投資家に激震が走った──。9月29日、金融庁がレバレッジ上限の引き下げを検討していると日本経済新聞が報じたのだ。

 FXは米ドルなど外国の通貨を売買することで利益を得る取引だ。レバレッジをかけることで手元資金25倍までの金額に相当する取引が可能で、少ない元手で効率的に利益を狙える投資として口座数を伸ばしてきた。しかし、報道通りレバレッジ上限が10倍程度まで規制されれば、このメリットが大きく失われてしまうことになるだろう。

 現在のレバレッジ上限は25倍で、4万円の資金があれば最大100万円分の取引が可能だ。これが10倍に抑えられてしまうと、4万円で最大40万円分の取引しかできなくなる。これまでFXで何人もの「億り人」が誕生したが、今後はこうした大成功は難しくなってしまうかもしれない。個人投資家でカリスマFXブロガーである羊飼い氏は、レバレッジ規制が実施された場合の影響についてこう説明する。

「株式投資の信用取引では実質3倍までしかレバレッジをかけられないので、10倍もあれば十分だろうという理屈なのかもしれません。とはいえ、個別の材料が出れば1日に10%ぐらいは簡単に動く株に対し、平時の米ドル円は1日で1%も動きません。FXではレバレッジがある程度かけられないと、まとまった利益を出すのも難しくなるでしょう」

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。