マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

信号、ATM、レジ…街中の「せっかちあるある」

2017年10月15日 12:30

早く渡りたくてたまらない

早く渡りたくてたまらない

「1日が25時間だったら、あと1時間寝られるのに」──目覚まし時計や携帯電話のアラームを止めながら、毎朝こう思っている人は多いはず。どんなにあがいても1日は24時間。それならば時間を上手に使うしかないが、せっかちすぎるのも考えものだ。自らを「超せっかち」だと語るフリーライターの男性・A氏(40代)が街中で実践している“ほとんど役に立たない(?)時短術”を紹介しよう。

【信号】
「街を歩いていて信号に引っかかった場合、見るのは『正面の信号』ではなく『横の信号』です。横の信号が赤に変われば、正面の信号は程なく青に変わるということ。陸上競技の100m競争のごとく、(もちろん左右を確認してから)青になったと同時に飛び出します」(A氏。以下同)

【ATM】
「カードや通帳はもちろん並んでいる最中に出して、手に持っておきます。自分の番が来たら、4ケタの暗証番号を超スピードで打ち込みますが、早く押しすぎて認識されないこともしばしば。一定回数以上間違えるとロックされてしまうので、2回目は一転してものすごく慎重に」

【電車】
「私は都内在住ですが、JRと地下鉄とを問わず、ホームのどこに階段があるのかを熟知しています。かつては階段がホームの前部か後部か分からず、どちらかにヤマを張ったりしたものですが、最近は『階段の位置表』があるので、初めて降り立つ駅は階段の位置を必ずチェック。一番前と一番後ろに乗るのでは5分は違います」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。