マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

億トレーダーが分析 日経平均の上昇メドは2万7100円

2017年11月6日 20:00

日経平均株価の上昇基調はどこまで続く?

 10月に歴代最長となる16連騰を記録した日経平均株価の上昇基調が依然として続いているが、この右肩上がりの相場展開はどこまで続くのか。カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんは「日経平均株価は2018年から2019年にかけて2万7000円台にまで上昇する可能性がある」と大胆な予測をしている。その根拠について、池辺さんが解説する。

 * * *
 この原稿を書いている10月27日、日経平均株価(くりっく株365)は、新高値を更新しました。 他国株価に比べ出遅れ感が強い日本株が、きれいな上昇トレンドを描いています。もちろん私自身も押し目買いでトレード継続中ですし、私の教え子の方々に話を聞いても、大幅利益を獲得されている方が続出しています。「利益よりも税金の支払いが心配だ」とおっしゃる方もいます。

 では、日経平均株価のこの上昇トレンドは今後も継続するのでしょうか? 今回は、2018年、2019年に向けて長期的な見通しについて、私の考えをお伝えさせていただきます。

 長期的な見通しについて考える際、一つ焦点となる材料は「消費税増税」だと私は考えています。政府としては、何としても2019年に消費税率を10%に上げたいはずです。すでに開始時期を2017年4月から2019年10月に再延期しているので、もうこれ以上の延期や凍結は避けたいところでしょう。そして消費税アップのためにも株価を上げておいて、「景気が良い」と思える状況を作っておきたいと考えるのが自然です。

 私はそうした背景から、2019年、2020年に向けて日経平均株価は上昇していく可能性が高い、と考えています。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。