ライフ

JRの運賃 乗車距離の割にお得な区間とは?

知らないうちに“割引”されている区間も

 競争相手がいれば売り値を下げるのは、商売では当たり前のこと。それはJRの運賃にしても同じ。基本的に移動した距離で料金が決まるが、ライバルがいる区間では、安めに設定されることもある。

 例えば都内の「電車特定区間」という区域の場合、料金は「1~3km」が140円、「4~6km」が160円、「7~10km」が170円といった具合に、距離に応じて高くなっていく。このルールに則って、JRの新宿駅~八王子駅間を計算してみると、両駅の距離は37.1kmなので、「36~40km」の料金は640円。しかし実際には、両区間を結ぶ切符は480円に設定されている。いったいなぜだろうか。

 これは、京王電鉄が並行して両区間を結んでいるからだ。京王電鉄は、都内の私鉄でも料金が安いことで知られており、京王の新宿駅~京王八王子駅の料金は360円。ちなみにJRでは「16~21km」が310円、「22~25km」が390円なので、およそ37km乗って360円という京王の価格設定がいかに破格かが分かるだろう。JRは、少しでも京王に対抗するために、特別に料金を下げていると考えることができる。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。