マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

宿泊サイト 「安い順」で検索する時の注意点

2017年12月20日 16:00

安くて良い宿を見つける方法は?

 旅行や帰省で宿泊施設が混み合う時期が近付いてきた。かつてなら、ホテルや旅館に1軒1軒電話をかけ、空室状況を確認しなくてはいけなかったが、今や宿泊サイトで空室の有無のみならず、「部屋の広さ」「和室・洋室」「禁煙・喫煙」など、あらゆる条件で部屋を探すことができる。一方宿泊サイトでは、「安い順」「人気順」「部屋が広い順」「評価が高い順」など、条件によって表示順を変えることもできるが、いくつか注意点がある。

 多くの人にとって値段は重要な要素だろうが、「安い順」で検索すると、しばしば「1円」「108円」など、極めて安い価格のものがヒットする。しかしこれらはまず間違いなく、「70歳以上で誕生日の方」「50歳以上で誕生日の方」など、“年齢縛り”“誕生日縛り”があるものばかりだ。

 こうしたサービスは、「安い順」で検索する人が多いことに目を付け、ごくごく一部の人を対象に法外な安い値段を付けることで、ホテル名が「安い順」で最上位に表示されることを狙ったものだろう。そのホテルの価格帯が必ずしも安いとは限らないので、価格で選びたい人は気を付けたい。

 上述のような“縛り”がない施設でも、「安い順」で検索した時に限りなく上位に表示されたものを予約する際には注意が必要だ。掲載されている宿の中には、カプセルホテルやドミトリー(相部屋)が含まれている場合がある。そういった宿は、値段は魅力的だが、貴重品の管理やいびき問題など、デメリットも存在する。個室を希望する人は要注意だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。