マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

教育費の行政援助は使わないと損 所得に応じた学費の補助制度

2018年1月29日 11:00

教育費の行政援助は使わないと損

 子供の教育費がどうしても足りなくなった時によく活用されるのが奨学金。大学生の約51%が奨学金を活用しているというデータもある(日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査」より)。だが、奨学金以外にまず目を向けるべきは、支援を受けられる行政の制度だろう。

 教育資金の公的な助成は、さまざまあるが、学費を補助してくれる一般世帯向けの制度は4つ。

(1)高等学校等就学支援金
(2)私立幼稚園就園奨励費補助金
(3)私立高等学校等授業料軽減助成金
(4)私立小・中実態調査

 たとえば(4)は、年収が400万円未満の世帯が国の調査に応じれば年額10万円が授業料から減額されるもので、2021年度までの期間限定だ。いずれも収入制限などの条件つきだが該当していたら絶対お得なので、まずは確認しよう。

 その他、生活保護、ひとり親、所得割非課税世帯などの低所得世帯に向けた制度もある。いずれも受給要件と支援の内容、受給方法が自治体によって異なるため、各自治体に聞こう。情報収集力こそ教育費を抑える鍵なのだ。

※女性セブン2018年2月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。