マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

湯たんぽはコスパよくない? 就寝時に布団をホカホカにするには

2018年3月4日 16:00

湯たんぽは実はコスパがよくない?

 寒い冬場は暖房器具をフル稼働させがち。特に厳しい寒さが続くこの冬は、電気代が跳ね上がるケースも少なくない。それでも、ほんのわずかな工夫をすれば電気代をグッと節約できる。専門家に聞いてみた。

就寝前のエアコンは布団を広げてスイッチオン

 エアコンを使わず、布団乾燥機で布団をホカホカにしてから寝るのは節電につながるといわれている。

「布団乾燥機の消費電力は、だいたい1時間500W。電気代に換算すると1時間約13.5円です。エアコン暖房は6畳用で1時間6.4円程度かかりますので、もし就寝中ずっとエアコンを使うなら、布団乾燥機を使う方が、節電といえます」(オールアバウト家電ガイドの戸井田園子さん)

 しかし、寒さが厳しいと部屋の温度も上げたくなるものである。

「そんな時は、布団乾燥機ではなく、エアコンの風向きを布団にあたるようにし、寝る時まで掛け布団をめくって温風を当てておくのがおすすめ。これなら、効率よく部屋も布団も温まるので一石二鳥です」(戸井田さん)

 ちなみに昔ながらの湯たんぽは「お湯を沸かすコストがかかるうえ、3時間くらいしか持たないからコスパが悪い」(節約アドバイザーの和田由貴さん)とのこと。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。