マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

カリスマトレーダー池辺雪子 億の極意

3月の日経225、「彼岸天井」と「彼岸底」どちらを目指すか

2018年3月6日 20:00 マネーポストWEB

 あともう1つ、今後の日経225の動きを考える上でポイントとなるのが「窓」です。

 チャート上で「窓」が開いていれば、その窓はいずれ埋められることになりますので、トレードをする上で大きなヒントになります。私自身、20年以上かけて窓だけを研究しましたが、埋められなかった窓はありませんでした。

 直近の日経225の相場で言うと、2月の下落局面で1か所だけ窓が開いています。「2万3107~2万3187円」あたりに大きな窓が開いていますが、「日経225の相場はいずれこの水準まで上昇してくる」と私は考えています。

 ぜひあなた自身でもチャートを確認し、窓を見つけてみてください

3月の日経225の見通しは?

 さて、3月の日経225はどのような動きになると考えられるでしょうか? 私の考えをお伝えさせてもらいます。

 相場にまつわる格言として「彼岸天井」「彼岸底」といったものがあります。「お彼岸の時期に相場が天井、もしくは底になる傾向がある」という意味です。それでは、今年の日経225はお彼岸の時期に向けて上昇、もしくは下落、どちらの傾向になる可能性が高いと想定されるでしょうか。

 1つ材料として考えられるのが「配当金」です。くりっく株の日経225証拠金取引で買い玉を持っていれば、1年間で1ポジションあたり約3万円強の配当金が入りますが、この3月末だけでも1ポジション当たり約1万3000円の配当金が入ります。そうなると、配当金狙いの買いが入ってくることが想定されます。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。