マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

カリスマトレーダー池辺雪子 億の極意

3月の日経225、「彼岸天井」と「彼岸底」どちらを目指すか

2018年3月6日 20:00

3月の日経225はどう動くか?

 3月は多くの日本企業が決算期を迎え、配当金目当てに取引するトレーダーも少なくない。こうした時節柄を踏まえて、今後の相場動向がどういった傾向になる可能性があるのか、カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが解説する。

 * * *
 日経225(以下全てくりっく株)に関して、まずは私がトレードをする上で意識している2つのポイントについてお伝えしておきます。

 その2つのポイントとは「スプレッド」と「窓」です。

 あなたはトレードをする際、「スプレッド」に意識を向けていますか? 実は、「今、相場がどのような状況にあるのか?」ということを判断したければ「スプレッド」の確認が1つの判断材料になります。

 スプレッドがあまりに開きすぎている場合、「相場状況が平常時とは異なる」と判断できます。

 例えば、くりっく株の日経225証拠金取引において証拠金が引き上げられることがアナウンスされてから、日経225の相場においてスプレッドが100円程度開いていましたが、やはりその頃の相場は、通常の値動きとは異なる動きをしていませんでした。

 一方、ここ最近の日経225を見ていると徐々にスプレッドが縮まってきているので、相場状況が落ち着いてきていると捉えることができます。

 このように、スプレッドが相場状況を判断するための1つのポイントになり得るので、トレードをする際に、「スプレッドがどれだけ開いているのか?」ということも1つ意識されてみてください。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。