マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

乗らない親の車に注意、死後の廃車手続きは面倒で手間がかかる

2018年3月23日 15:00

高齢者の車とお金にまつわる問題をどう解決するか

 親が持つ資産のなかで「家」に次いで処分に困ることが多いのが、「車」である。だが、もしもう親が乗らないのであれば、生前に売却しておくか、廃車にしておくことが重要である。

 親の死後に廃車手続きをしようとすると、「相続財産」として扱われ、名義変更などもしなければいけないため、法定相続人全員の印鑑証明と押印や戸籍謄本が必要であるなど、かなり手間がかかるためだ。

 生前であれば、それらの書類も必要なく、2万~3万円の費用で処分できる。

 だが、高齢者の車に付きまとうのは金銭と手間の問題だけではない。警察庁の統計(2017年度)で年齢層別免許保有者の事故率を見ると75歳以上が突出して高い。高齢ドライバーの事故増加が社会問題となっている昨今、75歳を超えた親に車を運転させるのは心配な人も多いだろう。

 地方では車が必須かもしれないが、タクシーを使う手もある。軽自動車であっても、車の維持費には、税金や保険代、車検代、ガソリン代などで年間30万~40万円かかるとされている。タクシーなら、週に3000円程度の利用なら、年間で約14万円で、車の維持費の半額以下で済むのだ。

 免許返納と車の処分を同時に促すことで、お金と安心感、両方を手にすることができる。

※週刊ポスト2018年3月23・30日号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。