マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

勝ち組産業の100円ショップ ダイソーは16年間で売り上げ倍に

2018年3月22日 7:00

外国人観光客が数多く訪れる「ダイソー原宿店」(撮影/浅野剛)

「ワンコイン」の巨頭が代替わりした──。3月1日、100円ショップ最大手の「ダイソー」を展開する大創産業が社長交代を発表。1977年の創業以来、会社を率いてきた矢野博丈社長(74才)が退任して、後任社長に矢野氏の次男・靖二氏(46才)が就任した。

 狙いは株式上場を見据えての経営刷新や経営トップの若返り。これまで会社を牽引した矢野前社長は会長に就任した。

 2017年10月現在、国内3150店、海外26の国・地域に1900店を展開する業界トップの社長人事により「多様な商品を1つの店に集めて100円均一で売る」という日本独自のビジネスに改めてスポットが当たった。

 現在、100円ショップは日本の一大産業になっている。業界トップのダイソーをはじめ、「セリア」「キャンドゥ」の大手3社を合計した市場規模は6800億円。

 ダイソーの売り上げはここ16年間で2020億円から4200億円と倍以上にアップし、セリアもほぼ同時期に売り上げが7倍になっている。小売業の苦戦が伝えられるなか、100円ショップは“勝ち組産業”として走り続けている。

 その象徴が東京・原宿の「ダイソー原宿店」だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。