マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

100円ショップ 最大手ダイソーの強みとセリア、キャンドゥの特色

2018年3月24日 15:00

各店の特徴をとらえ使い分ける消費者も多い(イメージ)

 小売業界の苦戦が伝えられるなか売り上げを大きく伸ばし、いまや“勝ち組産業”となった100円ショップ。その中でも業界トップを走るダイソーの売り上げは、ここ16年間で2020億円から4200億円と倍以上にアップしている。

 ダイソーの成長のカギとなったのは、消費者の「目利き力」にいち早く気づいたことだろう。創業当初、店を訪れて商品を見て回った主婦が発した言葉に、矢野博丈会長(74才)は大きな衝撃を受けた。

「ここでこんなものを買っても『安もの買いの銭失い』だよ。もう帰ろう」

 長年にわたって矢野会長を取材し、『百円の男 ダイソー矢野博丈』(さくら舎)を著した作家の大下英治さんが言う。

「主婦の言葉にいったんは深く落ち込んだ矢野会長でしたが、すぐに『ちくしょう、どうせ儲からんのだし、いいもん売ってやる!』と発奮し、利益を度外視して高品質の商品を売り始めました。消費者は“悪かろう安かろう”をちゃんと見抜くのだと身をもって知ったのです。ときには商品の原価が98円ということもありました」

 1つの商品につき、利益が2円では普通ならば到底商売としては成り立たない。それでも矢野会長は、「1円の利益でも1000万個売れば1000万円の利益になる」と従業員に発破をかけ、いくら原価が高かろうが100円で売り続けた。

「矢野会長は口癖のように“わしは100円の高級品を売っている”と言っていた。それだけ、1つ1つの商品に心血を注いだのです」(大下さん)

 その一方で矢野会長は「わしはしゃべりがうまくないから、とにかく商品をたくさん並べて、商品にしゃべってもらう」とも語っており、多数のラインナップを取りそろえることにも尽力していたのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。