家計

マツキヨvsサンドラッグが隣同士で火花 川崎駅前の仁義なき戦い

川崎駅前でドラッグストアが火花をちらしている(サンドラッグ)

 ドラッグストアの市場規模はここ10年で3兆円拡大。食料品や日用品はスーパーやコンビニよりも安く手に入る。そのうえ、年々店舗は増え続け、駅前にも住宅街にも点在し、中には隣同士で営業するケースもある。

 たとえば神奈川県川崎市川崎駅前。地元の買い物客で賑わう商店街の一角は、マツモトキヨシとサンドラッグが隣り合い、静かに火花を散らしている。地元の70代主婦が言う。

「毎日、どっちが安いか目を皿のようにして確認してから購入します。全体的な印象としては、僅差でサンドラッグが安い印象です」

 実際、記者が2店舗を行き来してリサーチした結果、洗濯用洗剤の『アタック バイオジェル 770g』はマツモトキヨシが181円のところ、サンドラッグは172円で販売。髪染めの『ブローネ 香りと艶カラークリーム』もサンドラッグは537円で売っているのに対し、マツモトキヨシは548円だった。

 しかし、コスメコーナーの商品の充実ぶりはマツモトキヨシに軍配が上がる。2階全フロアを使って各メーカーのファンデーションや口紅がずらりと並ぶのに対し、サンドラッグのコスメは1つの棚だけに集約されていた。口紅を買いに来たという40代主婦は迷わずマツモトキヨシへ。

「化粧品は絶対にマツモトキヨシ。店員さんが優しいし丁寧で、買う前にいろいろ試させてくれるし、サンプルもたくさんくれる。10円やそこら高くても、得してるんじゃないかと思います」

 安さ、品揃え、接客ぶり…。川崎駅前の仁義なき戦いは終わらない。

※女性セブン2018年4月12日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。