マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

値上げ続く春 価格据え置きでも内容量減る“隠れ値上げ”も懸念

2018年4月10日 15:00 女性セブン

“値上げの春”が続いている(イメージ)

 ここ数年、春は各種商品やサービスの値上げが続いている。今年も例外ではない。「原料や輸送費の値上げなどが価格に反映されています」と分析するのは、“値上げウオッチ”を続ける節約アドバイザーの丸山晴美さんだ。

 この春の値上げ対象品は、食料品だけ見ても、アイス、納豆、冷凍食品、小麦粉、ビール、ワイン、コーヒーなどがある。ただし、もとの値段が比較的安い商品ばかりなのが救いだという。

「納豆などの食品は、割安価格のPB(プライベートブランド)で代用ができます。PBは大手メーカーが製造していて、今回値上げしたメーカーの一部も、PB商品を出しています」(丸山さん)

 一方、ファイナンシャルプランナーの二宮清子さんは、値上げを意識するこの機会に、抜本的な家計の見直しも必要だと続ける。

「現政権は2%の物価上昇を目標にしていることもあり、インフレは今後も続くでしょう。価格は据え置きでも内容量が減る“隠れ値上げ”や、来年の消費税増税時の“便乗値上げ”も予想されます。となると節約だけでは限界。パートを増やすなど世帯収入のアップも、今年は考えた方がいいかもしれません」

 食料品などの生活必需品以外でも、ゆうパック代金や電気、ガスなどのインフラが軒並み値上げ。自営業者らが加入する国民健康保険料も4月から多くの自治体が値上げに踏み切っている。この機会にぜひ、家計の見直しをして将来の不安に備えたい。

※女性セブン2018年4月19日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。