マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2016年新春号 注目記事

投資信託 ファンドラップ人気低下、インデックス型に資金流入

2016年1月13日 7:00

投資信託市場では外国株式の低迷もあって日本株ファンド、それもインデックス型への注目が高まっているという。投信の最新動向について、楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子氏が解説する。

* * *
2015年の8月下旬に起きた「中国ショック」以降、金融市場は大きく乱高下したが、個人投資家の資産運用への意欲は衰えず、国内の投資信託市場には順調な資金流入が続いている。

投資信託市場への流入額から流出額を差し引いた純流入額は、8月9194億円、9月7190億円、10月2978億円となり、2014年12月以降、11か月連続でプラスとなった。また、10月は金融市場も落ち着き、内外の主要な株式市場が値を戻したことで、投資信託市場の残高も大幅に増加。10月末の時点で、64兆5000億円と前月から3兆6000億円増加した。

ただし、個別のファンドを見ると、激しい資金流出に見舞われているファンドもある。特に、残高を減らしているのが、高水準の分配金を出していた毎月分配型ファンドだ。高い分配金の源泉となっていた、新興国の株式や債券、REIT(不動産投資信託)での運用収益が、中国ショックによって大きく悪化したのだ。

2015年に入って、新興国通貨は、不安定な動きを続け、中国ショックによって大きく下落した。同時に、新興国からの投資マネーの流出が本格化し、投資対象となっていた金融商品の価格が急落したことで、毎月分配型ファンドの基準価額は下がり、分配金の引き下げも相次いだのである。

また、ここ1~2年ほど好調だった、ファンドラップの人気も離散してきた。ファンドラップとは、金融機関が、あらかじめ投資家の運用目的やリスク許容度を聞き、それに基づいて資産配分や金融商品の選択をし、購入までをおこなう金融サービスである。投資家にとっては、プロに資産運用を任せることで、運用に関わる手間を省けるというメリットがあるため、初めて資産運用をするといった層からの資金が流入していた。

ただし、ファンドラップで実際に投資の対象となるのは、証券会社が提供する専用のファンド。投資環境が悪化したこともあるが、既存のファンドと比較しても目立った運用成績を挙げたものは少なく、結局手数料の分だけ不利になった、といったケースが多かった模様。ファンドラップの顧客層からの資金流入が一巡したことも、伸び悩みの要因となっている。

代わって、投資家からの資金が流入しているのがインデックスファンドだ。インデックスファンドとは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)といった指数に値動きが連動するファンドのこと。株式だけでなく、債券やREITの指数に連動するインデックスファンドもある。

通常、金融市場が不安定なときは、インデックスファンドよりもアクティブファンドが選好される傾向がある。アクティブファンドは、運用スタイルにおいてインデックスファンドとは対照的で、運用を担当するファンドマネージャーが、状況に応じて投資対象を機動的に入れ替えることができるからだ。

中国ショックが尾を引く中、それにもかかわらず、インデックスファンドが注目されているのは、インデックスファンドの商品性が大きく改善しているためである。

まず、従来よりも運用コストを引き下げたインデックスファンドが登場している。例えば、9月より一般販売が開始された、「三井住友・日本債券インデックスファンド」(三井住友アセットマネジメント)は、信託報酬が0.1728%(税込。以下同)と、既存の同じカテゴリーのファンドの約3分の1程度となっている。この水準は、同カテゴリーの上場投資信託(ETF)の信託報酬をも下回るものだ。

運用会社の三井住友アセットマネジメントからは、他にも3本のファンドが同時期に一般販売されているが、いずれも最低水準の信託報酬を実現。もともと、確定拠出年金(DC)向けとして販売・運用されていたため、新しくファンドを組成するよりも、運用側の費用が割安となる点を活かしている。

DC向けファンドを一般販売するケースは、以前からあり、低い信託報酬が魅力だった。それが、ここにきて、さらに引き下げられた格好だ。コストはファンドのパフォーマンスに直結するだけに、こうしたファンドが増えていくことを期待したい。

また、ニッセイアセットマネジメントには、「購入・換金手数料なしシリーズ」というインデックスファンドのシリーズがある。購入時の販売手数料が無料の「ノーロード型」と呼ばれるファンドは多いが、換金手数料も無料となるファンドは珍しい。2015年に入ってから、JPX日経400に連動するタイプや、バランス型も設定されている。

※マネーポスト2016年新春号

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。