マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

日経225をトレードするうえで今後意識しておくべき材料

2018年5月14日 20:00

今後の日経225トレードで意識しておくべき材料とは

 ここ最近の日経平均株価は、一時の下落基調から持ち直してきているように見えるが、今後はどのような展開が考えられるか。カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、日本株をトレードする上で意識している2つの材料を紹介する。

 * * *
 トレードをしていると、「まさかこの価格で反転するなんて! なぜここで急に反転したのだろう?」などと思うことはないでしょうか。それでも、相場の動きにはきちんと理由が存在していて、それはテクニカル分析によって説明可能だと考えています。実際に直近の日本株相場を振り返ってみましょう

 例えば日経平均株価(くりっく株365)の相場は4月30日に2万2770円まで上昇していったん下落しましたが、なぜ2万2770円で反転したのでしょう?

 こちらの価格はフィボナッチリトレースメント(以下フィボナッチ)によって説明可能です。

 日経平均株価の相場において、今年1月の高値である「1ドル=2万4238円」から今年3月の安値である「1ドル=2万369円」まで下落した値幅3869円に対する61.8%戻りの価格を計算すると2万2760円となります。実際の反転価格である2万2770円とほぼ一致していると考えてよいでしょう。

 このように相場にはポイントとなる価格が存在し、それはあらかじめ計算しておくことが可能であると考え、私はトレードをしています。

 ただ、私が参考にしているのはテクニカル分析だけではありません。基本的にはテクニカル分析によって相場を読み切ることは可能だと考えていますが、ファンダメンタルズについて全く意識を向けないよりは意識を向けた方が良いでしょう。

 ということで、続いて日経平均株価に関してテクニカル分析以外の材料についても、私の考えをお伝えさせてもらいます。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。