マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

子供の健全な金銭感覚を育てる「お金教育」のステップ

2018年6月9日 15:00

子供に健全な金銭感覚をどう養うべきか

 欧米では、ほとんどの学校で「お金教育」のカリキュラムが組まれているが、日本ではまれだ。だからこそ、家庭で親がどう教えるかが重要になる。とはいえ、何をいつ教えるかを間違うと逆効果にもなるから注意したい。

健全な金銭感覚を育てるために

「お金教育」というと、お金もうけの上手な人を育てるというイメージが強いかもしれないが、そうではない。お金の管理の仕方をはじめ、働くことの大切さや、目的を達成するためにどう資金を作るかなどが要となる。

「今や、スマホの課金や、電子マネーなど、“見えないお金”が、子供たちにとって身近になり、お金の仕組みは私たちが子供だった時よりも複雑です。お金とは何か、どう使うか、基本的なところから教えないと、健全な金銭感覚は育ちにくくなっています」とは、ファイナンシャルプランナーの八木陽子さんだ。

 では、何をどう教えたらいいのか。年代ごとに教えるべきことを具体的に見ていきたい。

【就業前】

 この時期は、おもちゃを与えすぎず、物を大切にする心を養うことがポイントに。

 具体的には、3才で生き物と触れ合わせ、お金で買えない物があることを教える。4才からは、買い物ごっこなどで、お金と物を交換し、人の物と自分の物の区別を理解させる。さらに、おつかいなどの本物の買い物をさせるといいという。また、友達と同じ物が欲しいと駄々をこねても、がまんさせることを教えよう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。