マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

貿易戦争に揺れる為替相場 ドル円はレンジ継続か

2018年7月6日 17:00

世界的な「貿易戦争」の為替相場への影響は(写真:アフロ)

 アメリカが輸入品に対して関税を課し、それに対抗して他国が報復関税を課す、という「貿易戦争」とも呼べる構図が続いている。このような状況の中、今後の米ドル円相場はどのように推移すると考えられるのか。FX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、今後の見通しについて考察する。

 * * *
 世界経済に混乱が生じています。6月1日よりアメリカが輸入する鉄鋼に対して25%、アルミに対して10%の関税が課せられましたが、EUは報復措置としてウイスキーやバイクなど約3600億円相当のアメリカ製品に対し25~50%の関税を課しました。アメリカと中国との間でも追加関税の応酬が続き、貿易戦争の様相を呈しています。

 ただ、これまでのトランプ大統領の動向を見ていると「やるぞやるぞ」と言いながら、いざその時になったらコロッと態度を変えそこまで大事にならずに収束していく、というところもあります。

 金正恩委員長との米朝会談もそうですが、今回の関税の件に関しても、最終的には無難なところに収まる可能性が考えられます。

 今年はアメリカの中間選挙の年ですからトランプ大統領としても世界経済が混乱して、ドル安を招いたり、NYダウが大幅に下落するような状況は望んでいないはず。そうした状況からも、トレーダーの方はあまり神経質にならず客観的に見るのが良いでしょう。

 では、そういったことも踏まえ、今後米ドル円(以下ドル円)がどういった動きになると考えられるのか、私の考えを共有させていただきます。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。