マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

安値圏の鳥貴族も!少額投資銘柄が多い7月の注目株主優待5選

2018年7月5日 20:00

『鳥貴族』も優待目的で投資しやすい水準に

 過去の値動きを見ると7月の日経平均株価は横ばいの傾向が強く、株主優待を実施する企業も少ない。投資家には退屈な1か月に感じるかもしれないが、実は少ない投資でお得な優待を実施する「プチプラ」優待が目立つのが特徴だ(以下、投資金額は7月上旬時点)。

 ジュエリー製造販売のクロスフォー(7810)は、4500円相当の自社製品「ダンシングストーン」を贈る株主優待をこの夏からスタートさせる。これは同社が特許を持つ、まるで石が踊っているように揺れる宝石のセッティング技術を活用したジュエリーで、身につけているときに小刻みに揺れながら輝きを放つ。この優待は100株、わずか4万円台の投資金額で得られる。優待発表直前の株価が350円前後だったので、その水準までの「権利落ち」(権利獲得日に翌日に株価が大きく下落すること)はあるかもしれないが、あえてこの権利落ちを狙って長期保有する戦略もありそうだ。

クロスフォーの優待は、魅惑的に揺れるジュエリー

 ジュンク堂書店などを展開する丸善CHIホールディングス(3159)も、3万円台の投資金額で1000円分の商品券がもらえる。ハウスウエディングのブラス(2424)も、800円台の投資で1000円分のクオカードが贈られる。

 これらの銘柄に比べると投資金額が少々高くはなるが、均一価格で人気の焼き鳥チェーンを運営する鳥貴族(3193)は、株価は最低単元が25万円前後と2017年春以来の安値圏に来ており、投資のハードルは下がってきた。そのほか、稲葉製作所(3421)は、図書カード銘柄として定番だ。

 以下、7月に権利獲得できる優待の中から、注目銘柄のデータを紹介しよう。2018年7月の権利を得るには7月26日(水)までに株を購入しておこう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。