マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

消費増税“3度目の延期”なら「日経平均3万円」も現実味

2018年7月14日 7:00

日本株の行方は消費増税にかかっている?(安倍晋三首相)

 米中が激しく対立する通商問題の行方が依然見通せず、日経平均株価は2万2000円を挟んだ展開が続いている。だが、株安となっている今のタイミングが、世界経済を牽引していくような有望銘柄を仕込む絶好のチャンスと捉える専門家は少なくない。

 今後、長期間にわたって高成長を期待されている分野がある。あらゆるモノがインターネットにつながるというIoTやAI(人工知能)の進化がもたらす「第4次産業革命」に関連した技術を持つ企業群だ。鍵となるのが「3D-NAND」という高性能半導体で、これがスマホやパソコンはもちろん、AI、さらにはセキュリティや顔認証などのためのカメラ、自動運転の車などありとあらゆるモノに使われていく。その旺盛な半導体需要は過去のどのサイクルよりも大きく、空前の需要拡大は「スーパーサイクル」と呼ばれる。

 こうしたスーパーサイクルの到来や上場企業の業績改善などにより、年初の上昇基調から一転、くすぶる展開が続いてきた株式市場も本格的に上向いていくとみられている。

 世界の株式市場の動向に詳しいグローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏は、何より米国経済が好調であることを重視する。

「米国では10年間で1.7兆ドルの大規模インフラ投資と1.5兆ドルの大規模減税という財政政策に加え、金融政策ではFRBが慎重に利上げを進めている。景気拡大に向けた両輪が揃い、すでに株価は第4次産業革命の恩恵を享受する企業の多いナスダック総合指数が史上最高値を更新し、不動産価格も好調そのもの。11月の中間選挙を経て米国のクリスマス商戦の活況も予想されることから、年末にかけて米国株と比べて割安な水準となっている日本株も大きく跳ね上がると見ています」

 割安な水準となっている今こそ“仕込み時”であるということになる。ケイ・アセット代表の平野憲一氏は「日経平均3万円も見えてくる」と、さらに強気な見方をする。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。