マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

外山滋比古氏に聞く 60年間の株式投資で築いた財産をどう使い切るか

2018年8月16日 15:00

外山滋比古氏は自分の資産をどうするのか

 94歳にして、累計225万部の大ベストセラー『思考の整理学』(ちくま文庫)の著者である英文学者・外山滋比古氏(お茶の水女子大学名誉教授)は「高齢者こそ投資に挑戦すべき」と提言する。外山氏は、近年の“相続対策ブーム”について子や孫に資産を残すべきではないという持論を述べる。

 60年に渡り株式投資を実践し、今も90銘柄を運用するという外山氏は株投資で得た利益を使って、また別の銘柄を購入している。その企業が投資に値するかを調べたりすることが、日々の活力につながっているという。

 外山氏は数年前に妻を亡くし、今春から介護付き有料老人ホームで暮らしている。子供はいないが、たとえいたとしても財産を残すべきではないという考えだ。相続が選択肢にないとすれば、株投資で築いた財産を最終的にどうやって使い切るつもりなのか。

「適当な時期に寄付したいと考えています。ただ、日本では、個人の財産を社会に還元する仕組みが確立されていないので、寄付する先を選ぶのがなかなか難しい。欧米では大学や教会、カーネギー財団やロックフェラー財団といった透明性の高い団体があるので、ある程度は安心して渡せる。

 日本だと赤十字や、ホンダを創業した本田宗一郎・弁二郎兄弟の寄付で設立された本田財団あたりが候補でしょうか。本田宗一郎は、あれだけの会社の経営トップを世襲にせず、世界的企業に成長させた大人物だと認識しています」(外山氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。