マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

米国も抑制できず? 原油価格はさらに値上がりする見込み

2018年8月31日 11:00

原油価格はさらに上昇か(写真:アフロ)

 北米の代表的な原油価格(WTI原油先物)は、2017年に1バレル=50ドル付近で推移していたが、今や70ドル付近の値動きが当たり前となっており、この1年で4割程度の値上がりとなっている。かつてリーマン・ショック直前の2008年7月には147ドルの史上最高値をつけ、その後は30ドル台前半まで急落するなど激しい値動きを繰り返してきた原油価格は今後どうなるのか。世界の金融市場に詳しいグローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏が読み解く。

 * * *
 現在の原油価格の上昇は、かつてのような投機によるバブルではなく、世界経済の成長に伴う実需が背景にある。

 世界に先駆けて量的緩和を終了し、利上げを進める米国は、トランプ政権の下、大規模なインフラ投資と大規模減税によって景気拡大を加速。欧州も6月にECB(欧州中央銀行)が量的緩和政策の年内終了を発表。金融政策の正常化に向けた取り組みが進んでいる。

 また世界第2位の経済大国である中国は景気減速の懸念が長らく続いてきたが、2018年7月23日には金融緩和策と景気刺激策を発表して、内需拡大を図る方針を打ち出した。

 米中貿易摩擦問題をはじめ、先行きが懸念される問題もあるが、世界経済全体を冷静にみると、成長基調にあるのは間違いないだろう。

 そう考えていくと、着実な需要が下支えする原油価格はさらなる上昇が見込まれてもおかしくないが、それを抑え込んできたのがほかでもないトランプ政権である。米国内で開発が進むシェールオイル(頁岩油)の供給増によって価格が抑えてられていることに加え、イランへの制裁も大きく影響を及ぼしている。イラン核合意からの離脱を表明したトランプ政権は経済制裁に着手。イラン産原油の取引停止を各国に求めてきた。8月20日には米国内の戦略石油備蓄の放出計画まで発表するなど原油価格の抑制に躍起になっているのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。