マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

割安株をどう見つけるか PERは指標として不十分、PEGレシオ活用を

2018年9月1日 20:00

割安な株をどう見つけるか

 株式投資は安く購入して高く売却すれば利益が出る。誰もがわかっていることだが、割安株を見つける方法に画一的な手法はなく、苦労している投資家も多いはずだ。10年で元本を60倍にした個人投資家兼USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)マーケターの秋山哲氏は、著書『お金からの解放宣言』(かんよう出版)で、割安株の見つけ方を紹介している。秋山氏が解説する。

 * * *
 現在、株価が割安かを判断する上で最も多く活用されているのは、PER(Price Earnings Ratioの略。株価収益率)ではないでしょうか。PERは株価が企業の利益の何倍かを表している指標です。たとえば、ある企業の株価が1000円で年間の1株あたりの純利益が100円だとしたら、PERは10倍になります(PER〈10倍〉=株価〈1000円〉÷1株あたりの年間純利益〈100円〉)。

 経済状況や業種にもよりますが、現在の国内株の場合、PERが17~18倍程度を超えたら割高、12~13倍程度を下回ったら割安と言われることが多くあります。ただし、私が著書で詳細を述べているように、PERは一定の理屈はありますが、割安株を見つけるには不十分な指標です。理由は、企業の成長性を反映していないからです。

 ここに同じ業界のA社とB社の2つがあるとします。A社の1株あたりの年間純利益100円、PERは20倍、年間純利益の成長率は20%です。もう1つのB社の1株あたりの年間純利益は100円、PERは20倍、年間純利益の成長率は10%です。2つの会社の1株あたりの年間純利益もPERも同じです。違うのは純利益の成長率だけです。

 今後の成長率が現在の年間成長率と同じペースだった場合、この2つの企業の5年後の1株あたり年間純利益は、A社:249円、B社:161円となり、A社はB社の1.55倍の純利益になります。株価は長期的には業績と成長率に帰結すると考えられるので、現在は同じ株価であっても、5年後の株価は何倍もの差になっているでしょう。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。